一般病院から老人病院への転職・・・。あまりに業務内容が違い過ぎてちょっと受け付けられません・・・。忙しくても一般病院が良かった・・・。

私は今まで一般病院で病棟勤務をしていました。

 

しかし、夫の転勤で転職することになったのです。

 

転職先は老人病院でした。

 

引越し先の自宅からとても近かったため選んだのですが…。

 

老人病院っていうから、病院には変わりないだろうと思っていました。

 

しかし、働いてみると一般病院との業務内容の違いがあまりに大きく抵抗があるんですよね(;´Д`A

 

一般病院は、治療がメインですよね。

 

病気の患者さんが入院して、治療が終わると退院していきます。

 

医療行為も多いので仕事はハードですが、メリハリのある毎日でした。

 

しかし、老人病院は慢性期にある高齢者の患者さんが入院しています。

 

医療行為といっても、それほど大きな医療行為はなく、バイタル測定や、痰の吸引、傷の処置、点滴管理、胃瘻管理といったことばかりで治療のための医療行為はほとんどありません。

 

寝たきりの患者さんが多く、病状はほとんど安定している患者さんばかり。

 

看護師の仕事というよりも、介護士の仕事に近い業務内容ばかりなんですよね(´・Д・)」

 

生活でのケアがほとんどで、オムツ交換やトイレ誘導、食事介助が多いんですよね。

 

そして高齢者が多いから、患者さんのほとんどが認知症なんです。

 

認知症の患者さんって、本当に大変(T ^ T)

 

突然ベットから降りようとして転倒したり、認知症による不穏で暴れたり噛み付いたり…。

 

ろう便でベットの周りを便だらけにしてみたり、異食で食べられないものまで口に入れてしまいます。

 

認知症の患者さんは行動が予測不能で、危険行為も多いんです。

 

だから、ヒヤリハットやインシデントに上がるのは、転倒や転落、異食といった事が多く、病院とは全く異なります。

 

看護師が気をつけてなんとかなるものでもなく、身体拘束にあたるようなことも出来ないので、ひたすら見守りなんですよね。

 

そんな業務内容に慣れず、受け入れられないんです。

 

あぁ、忙しくても一般病院の方が良かったな…>_<